学校での暴力について

学校における体罰について


学校生活における情報

学校での体罰は暴力ではない

ある学校で部活動顧問の暴力行為が原因とみられる部員の自殺がマスコミを騒がせたことはまだ記憶に新しいことですが、この顧問は部活動の指導の手段として暴行に及んだのであって、これは体罰と言えるものではないことに注意が必要です。授業中などにある生徒が別の生徒に暴力を振るった場合、教師がそれを抑止することは絶対的に必要なことであり、それを暴行などとされては教育者は何もできません。また、生徒は教師が自分たちに実力行使ができないので、さらにその行動をエスカレートさせて行くようです。教師がそんな生徒を説諭するのに手を後に回さないといけないようでは、その指導能力にも限界があります。学校の先生の体罰は警察官が犯人逮捕のために携行する警棒と同じで、決して暴力ではないのです。

教育現場での体罰について

かつては日常的に行われていた学校での体罰も今ではほとんど行われなくなってきています。昔なら平気で廊下に立っていなさい、などといったことが教師から言われていました。ですがそのような光景は現在見かけなくなりました。そこにはモンスターペアレントなどと言われる親の問題や重大な負傷につながってしまうというようなことが理由としてあげられます。人格を否定することにもつながるということで、学校での体罰は大きなニュースになることがしばしばあります。そういった面でも、今や社会問題として注目されている問題でもあります。

© Copyright 学校でのヘアスタイル. All rights reserved.