通信制高校のメリット

通信制高校での卒業率


学校生活における情報

通信制高校と高校の違いとは

通信制高校は、文字通り通信によって受ける高校教育です。従来の高校といえば全日制や定時制ですが、全日制は一日5時間から8時間の授業、全日制は1日4時刊程度の授業を受けるものです。全日制では学年制となっており就業年度は3年と定められています。定時制では就業年度は3年以上となっています。一方で通信制高校は、単位制または2学期制と採用しているところが多く、入学も4月と10月に行われます。基本的には単位制で履修認定として74単位を取得する必要があります。スクリーニングなどの面接指導を受けることになります。

通信制高校自分の時間のペースで勉強が進められるのでそこが一番の魅力ですね。国際教育も充実してるから自分のスキルアップもできるし、特化したコースもあるのでとても楽しいです。

© Copyright 学校でのヘアスタイル. All rights reserved.